トップ

助産院で出産する

助産院で産むことの利点はなに?

自然で家庭的な助産院で産む

近年、ナチュラルなお産の良さが話題になり、大きな病院ではなく助産院での出産を希望する人が徐々に増えてきました。妊娠、出産は治療の必要なものではなく、女性はもともと自分自身で胎児を育み、産み出す力を持っています。助産院は、女性が持つ本来の力を最大限に活用し、自然な分娩をお手伝いするところなのです。助産院での出産を希望するならこちら。

助産院は助産師資格を持った人が開業している施設のことで、正しくは「助産所」と言います。助産師の自宅が助産院を兼ねている施設が多いようです。助産師は分娩時の補助はもちろんのこと、妊婦、新生児の保健指導も行います。尿たんぱく、子宮底長、腹囲、血圧の検査なども妊婦健診として行っていきます。

助産院での出産には多くの利点があり、妊婦の負担を大きく軽減してくれると言われています。まず、大きな病院とは違って来院する妊婦の数が少ないので、診療時間には余裕があり、じっくりとひとりひとりの妊婦と向き合ってくれます。診察までの時間も短く、終わった後の会計までの待ち時間もほとんどありません。

自分の力で、自分の望む自然な形で産むことができるのも大きな利点のひとつです。どのように出産したいかは人それぞれです。病院では分娩台にあがって出産するのが一般的ですが、助産院では布団や畳の上での出産が普通です。寝た状態、立った状態、立膝の状態など妊婦がもっともリラックスして、スムーズにいきむことができる形での出産をすることができます。出産には家族に立ち会ってもらいたい、へその緒は上の子に切ってもらいたいなど分娩時の特別な希望も叶えることができます。

病院での出産は医師や複数の看護師などたくさんの人が関わります。助産院では基本的に一人の助産師が妊娠中の経過観察から出産、分娩後のケア、新生児の保健指導など一貫して行います。毎回、同じ助産師と関わる中で出産に対する不安も軽減していきます。家庭的な雰囲気なので、産前産後を通して様々な相談もしやすくなります。助産師は妊婦のメンタル面での支えとなってくれる存在になるというわけです。